カテゴリ:写真( 188 )

希望の轍

e0162536_21182553.jpg
のんびり、まったり、いきたいねえ。

[PR]
by tukihisa | 2017-11-19 21:25 | 写真

奥嵐山

e0162536_19531919.jpg
先週の土曜日も嵐山行ってきましたー。
あ、でも前回は奥嵯峨野ですが、今回は奥嵐山!
到着早々渡月橋と二重の虹が撮れて幸先良い感じです。

e0162536_19561556.jpg
そんなわけで渡月橋は渡らず通りすぎます。
渡月橋近辺は尋常じゃない人混みでしたが、通りすぎると人はほとんどいません。
右側が保津川。
この奥はお気に入りの場所だらけなので、よくこっち方面にはいきます。

e0162536_19584951.jpg
じゃじゃーん。
ここが人がほとんどいない上に絶景が楽しめる場所なんです。
夏は本を持っていって川沿いで読んだりしてます。
涼しくていい場所。

ただ残念なことに今、人が寛ぎやすいように岩場に階段を作ったりと、工事をしていました。
ここも人が多くなると思うと寂しいですが、
素敵な場所なのでたくさんの人に来て頂きたいです。

e0162536_20225594.jpg
一番奥にあったのが、千光寺さんです。
ここはね、本当に来てほしい穴場!
土曜日の昼なのに数えるくらいしか観光客がいなかったのがもったいないです。

ただし、ここから階段をかなり登るのでご注意を。笑

e0162536_20281258.jpg
もりもり登るとようやく鐘が見えてきました。
三回まで自由に突いて良いそうです。

住職さん、なのかな。
山伏の格好をしていました。

e0162536_20300416.jpg
千光寺さんからの景色。
私は高所恐怖症なのでこんな写真しか撮れませんでしたが、
本当に奥嵐山の素晴らしい景色が広がっています。
左下にはトロッコ電車の線路があり、ちょうど途中で止まる部分のため、
汽笛の心地好い音と可愛い車体が見えます。
※残念ながら望遠じゃないのでカメラでは撮れませんでした。

e0162536_20334144.jpg
ちなみに一度渡月橋を渡り、反対側の嵐山公園から見た千光寺。
さらにぐぐっと寄ってみると、
e0162536_20350409.jpg
こちらです。
このカラフルな垂れ幕?の下の窓から見た景色が二枚前の写真です。
嵐山公園の展望台から、この千光寺を見つけて
なんだあの山の中にある寺は!と思ったのが、最初。
すぐに渡月橋を戻って探しに行きました。

ちなみにここからでも住職さんの法螺貝が聞こえます。笑
さすが山伏!笑

e0162536_20392705.jpg
さてさて、渡月橋手前まで戻って来ると、そこにはモンキーパークがあります。
たぶん一般的には知られていないかな。
外国人には有名だそうで、外国の観光客はたくさんいました。

e0162536_20422638.jpg
山の中で自由に生活している様子を見られます。

e0162536_20431923.jpg
檻がないので、こんな風に人のすぐ横にお猿さんがいます。
ただし、ここで餌をあげることは出来ません。
猿に襲われちゃうらしいので。
e0162536_20451285.jpg
その代わり人間が小屋に入って、
外にいるお猿さんに餌をあげられるところがあります。

e0162536_20471424.jpg
比較的野生に近い猿を見られるので楽しかったです。

e0162536_20491287.jpg
また、ここの売りは景色!
地上から約160メートルの高さだそうですが、京都が一望出来ます。
左奥の山は比叡山。

e0162536_20512645.jpg
お金を入れると見られる望遠鏡。
京都タワーや御所、大文字焼きも見られます。

12月には特別に夜景も見られるそうなので今から楽しみ!

何度来ても嵐山は良いところなのでオススメです。








[PR]
by tukihisa | 2017-11-08 20:58 | 写真

まだまだ

e0162536_22052212.jpg
蒼穹のファフナー
皆城 総士

[PR]
by tukihisa | 2017-10-24 22:07 | 写真

京都で一番有名なお化けトンネル

e0162536_21472447.jpg
清滝トンネル

怖いものが好きな人なら必ず知ってる京都のバケトン(お化けトンネル)
ここに到着したときに信号が青だと幽霊さんに呼ばれているので、一旦赤になるまで待ち、さらにそのあと青になったらトンネルへ向かわないと、トンネル内で怪奇現象が起こるとか、霊界へ繋がってしまうのだとか。
って、到着時青でした。ひぎいいぃぃ。

いやいや。
私の目的は別だったんです。
このバケトンの目の前にあるお寺、愛宕念仏寺へ来たのです。
そしたらびっくり。
よく写真や映像で見たバケトンさんがいるじゃないですか。
清滝が近いことはわかっていたんですけど、まさか目の前にあるとは思わず、
普段心霊スポットや廃墟に行っても写真を撮らないのですが、
驚きと反動でパシャパシャ撮りました。笑

すると、愛宕念仏寺から出てきた外国の観光客さんが不思議そうにそれを見ていて、
撮るだけ撮って満足した私を余所に一枚だけ写真を撮ってました。笑
良かったね!あなたの撮影したトンネルは超有名な心霊スポットだよ!
愛宕念仏寺より有名だよ!笑

e0162536_22002258.jpg
そんな愛宕念仏寺。
こちらには千二百羅漢がいらっしゃいます。
嵐山から徒歩で1時間、バスだと20分くらい?
私はこの周辺に色々行きたいところがあったので徒歩で行きましたが、
さすがに嵐山からこれだけ離れていると観光客はほとんどいませんでした。
もったいないー!

e0162536_22031274.jpg
とにかく境内は羅漢像で埋め尽くされています。

e0162536_22044378.jpg
表情豊かで個性的な羅漢さんがたくさんいるので
きっとお気に入りを見つけられるはず!

e0162536_22061192.jpg
私のお気に入りはこの羅漢さん。
般若のような怒りを見せながら、実は裏であっかんべーをしているお茶目さん。

e0162536_22085712.jpg
かなり天真爛漫に笑ってる羅漢さん。
世知がない世の中、彼のように上向いて笑って生きたいですねえ。笑

e0162536_22111331.jpg
上から見るとこんな感じです。
ほかにもいたるところにいました!
本当にここには来たかったので、結構長い時間撮影しながら羅漢さんを眺めていました。
いっぱい写真があるのでちょいちょい出していきます。

e0162536_22134432.jpg
そして、念仏寺といえば、化野念仏寺。
愛宕念仏寺の近くにあります。

化野と書いて「あだしの」と読みます。
京都の地名で野がつくのは、だいたい風葬地、埋葬地の歴史があり、
三大風葬地に鳥辺野、蓮台野、化野があります。
鳥辺野は清水寺のそば。
清水寺のいつも賑やかな参道がありますが、実はあのすぐ横に巨大な墓地があります。
賑やかなお店やたくさんの人でほとんどの人は気付かないですが、
あそこは死者の町であり、清水寺へのお参りにも意味があるそうです。
ここらへんの話はまたいずれ。

さてさて、風葬の地なんて現代っ子にはピンと来ませんが、昔は死体が野ざらしだったんです。
お金持ちや偉い人はお墓があっても、庶民やどこかで殺された遺体、
刑死された方なんかは墓を作れないので、この地域にポポンと投げ捨てられました。

それを哀れに思った空海が野ざらしの遺体を埋葬したのが始まりだとか。
↑の場所を西院の河原といい約8000体の無縁仏の石仏、石塔が置かれています。
ここは安易な気持ちでは行けない場所です。

……が、この日、ちょうど着いた頃、
演歌歌手が本堂でミニコンサートをしていました。
厳かな光景の中に聞こえてくる演歌。笑
あまりにもアレな感じで笑ってしまいました。

いやいや、無縁仏様たちも賑やかに楽しいほうがいいよね!笑

e0162536_22371588.jpg
化野念仏寺の有名な竹林。

e0162536_22384042.jpg
そのあと祇王寺へ。

e0162536_22403347.jpg
本堂に古墳時代の埴輪や明の焼き物など貴重なものが色々置かれてあって、
受付のおっちゃんにどんな経緯でこちらの寺へ来たのか尋ねたら、
あれは一部を除いてみんなレプリカと聞かされました。笑
いくらなんでも暴露しすぎやろ。
真剣に見てたわ!

でも花と蝶々が綺麗だったのでおっけー。

e0162536_22460049.jpg
さらにさらに清涼寺の秀頼首塚へ。
大阪城で自害したのち、秀頼が再興した縁でこちらへ奉られたそうです。
その側には大坂の陣で亡くなられた人達の供養碑もありました。
大河の真田丸以降、秀頼の好感度が高い単純な人間なので、
首塚をみてちょっとセンチメンタルな気分になりました。笑

e0162536_22530762.jpg
ほかにも色々巡りましたが、疲れたのでこの辺で。
奥嵯峨野は奥が深い!
また探索に行きたいです!




[PR]
by tukihisa | 2017-10-14 22:54 | 写真

さなえ

e0162536_00011404.jpg
東方:さなえ@ちゆみさん

e0162536_00032825.jpg

懐かしい&懐かしい

[PR]
by tukihisa | 2017-10-09 00:04 | 写真

田舎に住むのは大変だ。

e0162536_00204981.jpg
土曜日に彼岸花を撮影しに亀岡へ行ってきました(・∀・)
彼岸花の有名なスポットはいくつかありますが、亀岡もそのひとつです。

e0162536_00221467.jpg
しかし時期が遅くほぼほぼ枯れていました。笑
本当は一週間前に行く予定だったんですが、
仕事でどうしても行けなかったのです。
一番見ごろはやっぱり先週だったみたいです。悔しい。

e0162536_00304620.jpg
ちなみに亀岡の彼岸花は田畑や家など町中に咲いているところが見所のようです。

e0162536_00330052.jpg
一面黄金のたんぼと彼岸花の写真が撮りたかったです。

e0162536_00340555.jpg
栗も実ってた!
亀岡すごい!
亀岡駅からバスで10分くらいなのに、懐かしい里山のような景色が広がってた。

e0162536_00353631.jpg
彼岸花は諦めて穴太寺でお参り。笑
お寺のお姉さんが色々説明してくれました。
とても素敵なお寺さんでした。

e0162536_00393495.jpg
そのあと、このままでは不完全燃焼のため、歩いて30分ほどのコスモス園へ。

Googleマップさんを頼りに歩いていくと、700メートルくらいのたんぼのあぜ道で、歩きながら写真を撮りました。
今ちょうど稲刈り真っ只中で、作業されていましたよ。

そうして途中まで来たところで、ふと視界の下の方でぴょこっと何かが動きました。
もう一歩前へ進むとまたぴょこっと何かが跳ねる。

e0162536_00435244.jpg
見たらイナゴ?バッタ?でした。
景色を見たり写真を撮るのに必死で気づきませんでした。

もうね、凄いの。
歩くたびに何十匹のイナゴが足元で飛び跳ねるの!!!
苦手な人もいると思うので大群の写真は自重。笑

ゴキブリ以外の虫は比較的に平気なんだけど、
さすがに大群はやばいですよね。
しかもよくよく見ながら歩くと、いっぱい踏んじゃってるの。
振り返ると潰れたイナゴだらけ。

でも本当に足の踏み場がないし、草が生い茂って足元が見えないからどうしようもない。
一歩歩くたびに膝上辺りまでぴょんと飛ぶイナゴたち。
当然スカートにもいっぱいくっついて悲惨な状態になってしまいました。
何より足に触れるのが気持ち悪い。

ぎゃーと叫んで逃げたいですけど、前も後ろもあぜ道が続いていて逃れられない。
引き換えそうにも半分まで来ているので、それだったら先へ進んだほうが良い。

そんな結論に至り、無心になってイナゴの群れの中を歩き続けました。
下を見たら気持ち悪くて足が止まりそうだったので、とにかく上を見て虫達を意識しないように努めました。
たぶんあの日、イナゴたちの世界では大慌てだったと思います。
いきなり巨人が現れて多くの仲間達を踏み潰していったのですから。笑

e0162536_00513036.jpg
どうにか地獄のイナゴ道を切り抜けました。笑
画面真ん中の奥に建物が見えると思いますが、さらにあの奥まで道が続いています。
歩きづらい道ということもあり、15分から20分くらいかかったかな。

よく新幹線や電車からたんぼのあぜ道を見て長閑で素敵だなあと微笑ましく思っていましたが、きっともう微笑ましさだけでは見られません。
あの道にもイナゴがうじゃうじゃいるだろうとげっそりしてしまいます。笑

自然と共に生きるのは大変ですね。

e0162536_01065155.jpg
そのあとは、無事にコスモス園に到着して色々花を撮影して帰ってきました。

来年は彼岸花をもっとちゃんと撮影したいですね。






[PR]
by tukihisa | 2017-10-06 23:18 | 写真

気づいて驚いた話

e0162536_16343065.jpg
私が個人で使用しているノートパソコンの話を時系列順に。

まず、いつのまにかACアダプターのシリアルコード等色々書いてあるところに10円玉くらいの焦げ茶の染みを発見した。

ノーパソは食事をするテーブルに載せて使用することが多いし、ACアダプターはそのテーブルの下に置いてるから、ソースかなにか知らない間にこぼしていたのかもと思っていた。

その後、しばらくして電源が頻繁に落ちるようになる。
→バッテリーが充電されていないことを発見。
ACアダプターで繋いでも充電されず、ネットで調べた結果バッテリーの故障を疑った。

でもコンセントからACアダプターで繋いでも電源が落ちることに首を傾げる。

さらにACアダプターをパソコンに繋いだ時に
点灯するはずのランプが点滅後消えることを発見。

やはりACアダプターが壊れていると思い、
それを持ってうちから徒歩5分の電気量販店へ。
※どれ買えばいいのか分からないから
パソコンの情報と実物持っていけばいいやと思った。

そしたらなんと!
ACアダプターに付着した焦げ茶の染みはソース等でなく、
熱によって焦げた可能性が高いことがわかる。

店員さんから「あれ?これ焦げてません?」と言われて絶句。笑

さらに調べてもらったらそのACアダプターは発火の可能性があるということでメーカーが自主回収および無料交換をしているとのこと。

すぐに連絡して説明して家に新しいACアダプターを送ってもらえることになった。

いやー、無料でくれるのラッキー。
……じゃない!怖いよ!!

自分がいる間に発火すればすぐ気づくけど、
知らない間に焦げてたってことは、仕事でいない時ということ。

その間に運悪く発火して、それが何かに燃え移って、さらにはマンションが焼けたらと想像するだけで超こえええ!
思い出の品が焼けるとか自分のせいで死人が出たらとか考えたくもないわ。

そうなる前に気づいてよかった。



[PR]
by tukihisa | 2017-09-16 17:09 | 写真

あの世とこの世

e0162536_23181600.jpg
分かれ目

貴船神社



[PR]
by tukihisa | 2017-09-14 23:24 | 写真

好きです

e0162536_21235717.jpg
貴船神社

[PR]
by tukihisa | 2017-09-04 21:25 | 写真

ピクサー作品は同じ世界での出来事

e0162536_19195112.jpg
ピクサーが公式で出しているものではないので、
あくまで都市伝説的なんだけど面白いなあって思った話。
それはピクサーの作品が全て同じ世界で起きているという説。




こういう話好きです。

あと平行世界とかね。

この世界で心霊現象と呼ばれているのは、
同じ地球に住む別次元の人間によるもので、
逆に私たちの世界も別次元の人間達に影響を与えている。




[PR]
by tukihisa | 2017-08-24 20:22 | 写真