カテゴリ:写真( 169 )

静謐

e0162536_20370085.jpg
京都では創業100年はひよっこ扱い。
だからわざわざそれを売りにしない。

100年って凄い。

関西に来てから落ち込んでも立ち直るのが早くなった。
人の目を気にして好きな服とか、やりたいことを我慢することも少なくなった。

だってさ100年経ったら私も含めて
今生きてるほとんどの人がいなくなっているんだもん。

ちっぽけな存在だよね。
大きな時間の流れを間近で見ていると、いつまで苦々しい気持ちを抱えているのかとか、誰の目を気にしているんだろうとか
バカバカしく思えてくる。

私もあなたもすぐにいなくなる。
だから今は少しくらい好きに、気軽に生きていいんだよ。





[PR]

by tukihisa | 2017-03-25 20:51 | 写真

奈良の大仏

e0162536_20574380.jpg
日曜日は奈良の大仏見に行ったー!
これで二度目ー!
関西に来て1番に行ったのが三輪山登山で、
その足で奈良の大仏を拝みに行ったのが最初かな。

e0162536_21000180.jpg
こうして並べるとデカさが分かるかなと思ったけど。
ちなみに隣の金色もデカイ。

e0162536_21014942.jpg
春日大社も行きましたよん。
前回の時は本殿拝殿共に工事中でアレだったけど今回は綺麗になってました!
ちなみに500円支払うと特別拝観で御蓋山に直接お参りが出来ます。
先日下鴨神社でも500円で拝殿の裏に回らせてもらったけど安すぎてありがたい!!
倍の1000円でも十分に払う価値があるくらいなのでおすすめ。

そう!
春日大社といえば拝殿の奥にある御蓋山なんですねえ。
ここに白い鹿にのった鹿島の武甕槌命様が降りられたという伝説があり、入山は古くから禁止されている神聖な場所です。
奈良といえば鹿ですもんねー。

e0162536_21123206.jpg
きゃわわー。
ちょうど毛の生え変わる時期なのか、ガンガンに抜けてる鹿もいた。
鹿せんべいも買ってあげてみましたよー!
彼らは本能に忠実なので、午前中は腹が減っているのか食いつきが凄いですが、
夕方頃になると散々せんべいをもらったのか、見向きもせずスヤスヤと眠りに入っておられます。

二度目でもやっぱり街中に鹿が溢れてると凄いなと思ってしまいます。
道路にはもちろん鹿飛びだし注意の看板がチラホラあるけど、柵もないのに鹿のすぐ横を大型の観光バスが通過するとドキドキしちゃいますね。
ま、生まれたときからこんな環境なので鹿側も肝が据わってそうですが。

e0162536_21220489.jpg
忘れてはならないのが百人一首です。
春日大社の敷地内にありますが、好きな歌のひとつです。

「あまのはら」と詠まれたら「みかさ」のみの字を探したものです。

百人一首の石碑収集旅行とかもしてみたいですね。




[PR]

by tukihisa | 2017-03-20 21:25 | 写真

海っていいなー

e0162536_07532863.jpg
癒される(*^-^*)

今月で関西にきて三年目に突入します。
やだーはやいー!

行く前はちょっとホームシックになるのかもと思っていましたが、
まったくなりません。
寂しいと思ったこともありません。
それを東京の友達に話したら心が冷たい人認定をされました。笑
なんでー!

だいぶ慣れましたが、いろいろ気をつけることもあります。
たとえば関西人には馬鹿とは言っちゃいけません。
話の中ですごくおバカなことをしたとして、東京だと笑ってバカだねえなんて言いますが、
関西ではバカというのはとても悪い言葉だと教えられました。
言われたらカチンとくるそうです。
そういうときはアホを使うんですね。
逆に東京だとアホって使う頻度が少なくて、バカより見下してる感があるので使い慣れません。実際にまだ使ったことがないし。

とにかく東と西とではバカとアホが逆なのです。
大阪の友達と話してお互いに知ったことなので驚きましたが、言葉には気をつけようと思いました。
ほかにもこちらが当たり前に思っていても、不快な行為があるのかなと心配になりました。
文化の違いは大変ですな(・∀・)


[PR]

by tukihisa | 2017-03-11 08:08 | 写真

どっちも辛い

e0162536_21434234.jpg
結果を求められると弱くなる。

期待されないと寂しくなる。

めんどくさい女だー。笑

[PR]

by tukihisa | 2017-02-18 21:47 | 写真

プリントパック地獄

e0162536_22562565.jpg
仕事でプリントパックに印刷注文を出した。
同じ日に、別件でまた別の会社名でプリントパックに印刷注文を出した。
ちなみに名前は別でも受け取り先の住所は一緒。

んで、送られてきた印刷物は、なんと逆になっていたのである。

つまりAの名前で発注したものにBの印刷物が入って届き、Bの名前で発注したものにAの印刷物が入っていたのである。

たまたま受け取って中身を確認したのが私であったから良かったけど、もし何も知らない子が受け取っていたらと想像すると怖い。
しかも同日の同時間帯に注文したのに届いたのが午前と午後の違いはなんで?笑

ちなみにプリントパックはデータ入稿に失敗し、データの差し替えやキャンセルが時間によっては10分以内しか出来ず(それ以前に出来ないこともあるが)
カスタマーに電話しろと言う割に電話口で2時間45分待たされ、あげくキャンセル出来ないと言われた凄いところ。
仕事が出来ないのでスピーカーにしてたところ上司に呆れられたよ。
結局新規注文してお金無駄にして怒られたよ!
もう使いたくないよ!
プリントパック!!
全部得意先の印刷会社に出したい。

プリントパックを使うときはご注意ください。

[PR]

by tukihisa | 2017-02-16 23:13 | 写真

名残の明るみを残す空

e0162536_00565258.jpg
日が落ちる方とは逆の空が優しい色をしていてホッとした。


[PR]

by tukihisa | 2017-02-11 00:58 | 写真

絶望にうち震える

e0162536_15312671.jpg

とうとう電子書籍に手を出してしまった。

紙の感触やコレクター心、なによりも電子書籍は本を買うのではなく本を読ませてもらう権利を買うという部分に引っかかり、手は出さなかった。
紙は本屋が潰れようが出版社がなくなろうが手元に残る。
しかし電子書籍はあくまで読む権利を買うのであって、もし使用しているサイトが潰れた場合、また何らかの理由によりダウンロードした本が発売停止になった場合読めなくなってしまう。
そんな曖昧なものでほとんど定価と変わらない電子書籍を買う意味が分からなかった。(その分割引やクーポン配布があるが)

しかし、本が部屋に溢れすぎた件もあり、そこまで欲しくない本を試しに電子書籍で買ってみた。
いわば消えてもよい、紙の本として手元におくほどではないが、気になっていたレベルの本である。

そしたらなんと!!

ああ、便利や(*^-^*)
こんな楽で良いものがあったなんて、、、

と、感動する。
己の手のひら返しっぷりには爽快感すら覚える。

元々私はスマホではなく8インチのタブレットを使っていたのもあり、電子書籍の良さを想像以上に実感した。

そこで第2の問題が発生する。

そう。
お金を使いすぎる問題だ。

紙の本は本屋へ行かねばならない。
しかも増やしすぎると置けないため、吟味に吟味を重ねるわけだ。

しかし電子書籍の場合、自宅で寝ながらワンクリックで買えてしまう。

さらに場所の置き所の心配をする必要がない。

なんと恐ろしい所業!!!
そうこうしている間に、今までの我慢も相まって5000円近く使ってしまった!
さらに私の指は動きつづけ、買ったばかりなのにもう10000円近くカートに入っている!!!
絶対に買ってはならないと頭で拒否をしながらも、浮かんで来るのは本のことばかりで、指が勝手に決済を押そうとしているのである!!ひぃぃ!!

そのお金があればもっと遊びにも行けるし、美味しいものを食べられるし、女子力があがりそうな物も買える!!

ああだめだ。いやでも欲しい。
心のうちにある激しい葛藤を抱え、貴重な休みが過ぎていく……。

[PR]

by tukihisa | 2017-02-05 15:50 | 写真

堪え忍ぶ

e0162536_23400562.jpg



e0162536_23364790.jpg
大雪の中、頭と肩に雪を積もらせてじっとしている。

堪え性のない自分に反省する。




[PR]

by tukihisa | 2017-01-28 23:42 | 写真

一瞬の煌めき

e0162536_23382808.jpg

五智山蓮華寺


[PR]

by tukihisa | 2017-01-22 23:39 | 写真

暮れなずむ空

e0162536_23524749.jpg

天橋立の夕日。

[PR]

by tukihisa | 2017-01-20 23:53 | 写真