ファフナー

e0162536_14323787.jpg
皆城 総士


[PR]
# by tukihisa | 2017-06-10 14:33 | 写真

AIR

e0162536_22591032.jpg


変わっていくことが悲しいんじゃない
変わらなければ生きていけないことが、寂しいだけなんだ。

国崎往人

[PR]
# by tukihisa | 2017-06-05 23:00 | 写真

歯医者さん

e0162536_19482403.jpg
百人一首のたび1

ちはやぶる 神代もきかず竜田川
からくれないに 水くくるとは
在原 業平

ちはやぶるとからくれないが覚えやすくて好きだった。

関係ないけど歯医者へ通いはじめました。
関西へ来て一番苦しんだのは歯医者だわ。
元々口を開け続けるのが苦手で、しかも口が大きく開かないの。
だから子供のころ凄く嫌な思いをして、歯医者大嫌いだったんだけど、
二十歳のころ知人に紹介してもらった歯医者さんが凄くて。

凄いのは院長先生じゃなくて、二週間に一度くる先生で、普段は医科歯科大に勤めている方なの。
口腔外科のスペシャリストなんだよーと教えてもらい予約をしたのですが、本当に凄い!
さっきから凄い凄いしか言ってないけど、それしか思い浮かばないから凄い。笑

恥ずかしながら事情を説明したらすぐに理解して下さって、
あんまり開いてない口なのに、奥歯もささっと治療しちゃうの。
親知らずの抜歯も一瞬!
痛くないのはもちろん、速いし苦しくないし完璧!
だからその先生のお陰で歯医者への苦手意識がなくなったんだ。

むしろ親知らずの抜歯が好きになりすぎて、全部抜いちゃったし、最後の一本の時は悲しかったなあ(これが最後かと思うと。笑)
抜歯後って腫れや痛みが出るっていうけど、当日少し鈍痛があるくらいであとは全然平気。
翌日以降はもう通常と変わらない生活が出来るんだから、やっぱり技術と経験って大きいんだなって思った。

そんな大好きな先生は当然大阪にはいないわけで。

色々調べて良さそうなところへ言ったんだけど、治療が考えられないほど苦痛で逆に驚いちゃった。
先生や助手さんはとても良い人で優しくしてくれるんだけど、もうちょっと口を大きくとか、あけておくための器具を装着とか色々。
私がそんなんだから通院2回とも治療時間1時間半で、私も先生もみんなぐったり。笑
もちろん私のせいだから先生たちは全然悪くないんだけど、改めて今まで楽をさせてもらっていたなあって思った。
あの神懸かっていた治療が当たり前である贅沢って、失ったときに気づくものだよね。

問題は今後。
別の医院に行くべきか、東京へ行くべきか。笑
人はいい人だし、今のところの予約を来週もしたけど、うーん。

歯医者嫌いが復活しそう。
痛みは全然我慢できるし、耐えられる子なんだけど、苦しさがねー。
つらいわあ。 

[PR]
# by tukihisa | 2017-05-13 00:31 | 好きなもの

京都No.1スポット

e0162536_18165451.jpg
霧雨の降る中、意を決して行ってきました首塚大明神!!
何度か行こうと思いながらも恐れおののき行かずにいましたが、
ようやく決心しました。

神社へ行くのに大袈裟なーと思いのそこのあなた!
首塚大明神は超ウルトラ凄いところなのです。

時は平安、妖怪や鬼たちは京の都で悪事を働いていました。
その親玉として安倍晴明が見つけだしたのが最強の鬼であり、鬼の首領であった酒呑童子。
源頼光、四天王との戦いは有名な話ですよね。
その後、源頼光によって倒され、首を取られた酒呑童子ですが、丹波国から老ノ坂峠まできたところでお地蔵様が頼光を止めます。
「京の都にそのような不浄なものをいれるな」
この峠がちょうど国と国の境目だったのです。
すると酒呑童子の首がそこから動かなくなりました。
金太郎の名で有名な坂田金時が押しますがてこでも動きません。

そこで一行はこの老ノ坂峠に埋葬し、いつしか首塚大明神となったのでした。

酒呑童子はいまだに恐れられているのは有名な話です。
漫画や小説などのモチーフに使うときも凄く気を遣うとか。
下手したら祟られるというのだから怖いですねえ。

さてさて前置きが長くなってしまいましたが、行ってきましたよ!
桂駅からバスで老ノ坂峠へ。
Googleマップさんによると、そこから歩けるそうですが……。

嘘つき!!
車道はあれども歩道がない!!

と、思ったら老ノ坂峠トンネルの横に小さな小道を発見。
明らかに使われなさそうな道で、しかも道路を渡った先にある。

その道路は信号がなく、なのに交通量は激しく、かつ、急カーブでいつ車が来るのか分からない。
超こええ。
というかマジで首塚大明神に行く前に死ぬんじゃないか、
いいや、行っちゃいけないところだから止められているんじゃないかと考えるくらい渡れませんでした。笑

峠で車酔いしたのがふっとぶくらい立ち往生で20分近くオロオロしていましたが、
ここまで来て帰れねえよ!!と、どうにか気合いで渡りました(・∀・)

やっとの思いで小道を歩いていくと、今度は廃墟と化したモーテル?が並んでいました。
いやいや、怖いって!やめてよ!
誰もいない山の中で突然見えてきた建物が全て廃墟だった時の絶望感ははんぱねえ。
けど自分がホラーゲームの主人公になったみたいでワクワクしました。

後日追記
違うブログでいくつか紹介されていましたが、モーテル廃墟では数年前に女性が殺されて心霊スポット化されているみたいですね。
写真撮らなくて良かった。笑
e0162536_18541106.jpg

これは近くの違う道ですが、倒木も多かったです。

さらに歩くとやっと数件の民家が。
しかし人気がありませんでした。
そこを通りすぎた辺りから霧雨はやんだのですが、山の中なので霧がすごくて、数メートル先も霞んで見えない感じ。


そこにうっすら表れたのが首塚大明神でした。

e0162536_18510471.jpg
これはかなり近づいてから撮らせて頂いたもの。

いやね、霧の中からうっすら見えた瞬間、思わず立ち止まってしまいました。

生まれて初めてゾッとしました。
関西に来てから色々巡りましたが、もはや次元が違いました。
ゼロ感の私が立ちすくんで動けなくなるくらい。
いっそ、このまま引き換えそうかと躊躇するくらい肝が冷えました。

ここは心霊スポットとしても有名らしいんですけど、
そういうのとは少し違う感じです。
むしろ幽霊でもいいから人がいたらホッとするくらい、圧倒的なものを感じました。

さっきの廃墟なんて怖いよーいやーとか言いながら楽しんでいましたが、
こっちは本当に言葉が出てこず、周りを見ても山、山、山。
カメラなので明るく写っていますが、実際は霧で鬱蒼とし、耳は痛いくらいの静寂でした。

e0162536_19025577.jpg
御神木でしょうかね。
ごめんなさい。
ビクビクしながらも御参拝は済ませたのですが写真を撮る余裕がありませんでした。
少し甘く見ていましたね。
本殿の裏に酒呑童子の首を実際に埋葬した場所もあったのですが、
そこも撮影できませんでした。チキン。

ここにたどり着くまでも大変ですし、境内もちょっと異質なので女性はひとりで行かない方が良いと思います。

ま、今回は天気が悪く霧が出ていたため、雰囲気も通常よりあったのだと思います。

でも、それを考慮しても今のところ力を感じる京都のNo.1スポットですね。
他人にオススメはしませんが、ぜひまた心身を鍛えて行きたいです。

その後、亀岡駅まで出て保津川が霧で幻想的なので嵐山を撮影してきました。

e0162536_19143880.jpg
風情がありますなあ。

e0162536_19155385.jpg
凄い霧でしょう?
これは川ですけど、もっと濃い霧の山中で付近に誰もいない中、
首塚大明神を見つけてごらんなさいよー!
恐れる、いや畏れるに決まっているじゃないですか。

ちなみに老ノ坂峠は明智光秀か織田信長を討つと決めた場所。
「敵は本能寺にあり!」
と言ったのはこの峠らしいです。
どんな思いでこの峠から京を見下ろしていたのでしょうね。

国と国の境目。
境目は物事の変わり目でもあります。
その側に奉られた首塚大明神は特別な神社です。

とても良い経験になりました。

本能がね、騒ぐんですよ。
はいっちゃいけないんだよって。

ゾクゾクしますね。



[PR]
# by tukihisa | 2017-04-08 19:21 | イラスト

そうだ姫路城へ行こう

e0162536_12400230.jpg
今年の桜は姫路城で見よう!と計画を立てて土曜日に行ってきました!

しかし開花宣言間もないせいか、ほとんどの桜は蕾状態でした。
残念!
e0162536_12415363.jpg
いやー、さすが白鷺城と呼ばれるだけあって白くて美しいです。
姫路駅出てすぐにお城が見えた時はテンションあがりました!

e0162536_12434021.jpg
実際はね、こんな感じで黒い瓦に白縁がされているのですが、
遠くから見ると真っ白なお城に見えます。

e0162536_12453633.jpg
天守閣からの眺め。
昨日は天守閣が40分待ちでしたが、桜が見ごろではないので短い方らしいです。
待ってる間、姫路城のスタッフさんが色々教えてくれたのですが、
1年前の同じ日は桜が満開で一日にお客さんが1万数千人来たらしいです。
すごいですねえ。

e0162536_12505640.jpg

e0162536_12512576.jpg
城内。
照明がない代わりに至るところにこういった行灯のようなランプが置かれていて雰囲気良く楽しめました。
戦国時代からあったことを考えると、きっと色んな人がこの廊下を歩いて仕事をして生きていたんだろうなと感慨深い気持ちになります。

e0162536_12545016.jpg
お城を出るとお菊さんの井戸がありました。
怪談の中でも超有名な播州皿屋敷です。

女中のお菊は、主人の家宝であった十枚揃いの皿のうちの
一枚をなくしたと疑われます。
実際に隠したのは、お菊に想いを寄せていた弾四郎という男でした。
彼は一向になびかないお菊への腹いせにわざと皿を隠したのです。
激怒した主人の青山鉄山はお菊を厳しく責めました。
弾四郎はそれをなだめてどうにかお菊の気を引こうとしますが、
それでも彼女は決して心を許しません。
その態度に我慢ならなくなった弾四郎はお菊に暴行し、
ついには井戸に落として殺してしまったのです。

その後、夜な夜な井戸から声が聞こえるようになります。
「一枚、二枚、三枚、、、」
女が何かを数えているのです。
「四枚、五枚、六枚、七枚、八枚、九枚……ああ、また一枚足りない」
それは皿を数えるお菊でした。
彼女は死んだあとも足りないお皿を数え続けているのです。


いやー、凄い話ですね。
実際にはもっと色々な背景があるのですが、たしかこんな話だったと思います。
この話は江戸だと番町皿屋敷だったり、類話が多いですが、
とにかくお菊さんが10枚の皿のうち一枚をなくして(割って)井戸で殺害され、
幽霊になったあとも皿を数え続けるというものです。

試しに井戸を覗きましたが、想像以上に深く、大きく、こんな井戸に投げ込まれたらと想像するだけで怖くなりました。

e0162536_13211631.jpg
数少ない咲いてる桜。

e0162536_13243970.jpg
どこを撮影しても絵になります!!
さすが!!

e0162536_13253473.jpg
そのあと隣接されている動物園に行きました。
桜の季節ですと城撮影の絶景ポイントらしいですが、今回は全然良くなかったので代わりに象の姫子ちゃんの写真を貼っておきます。笑

動物園のぼっちって少しメンタルを削られますね。笑
周りはカップルと家族連れのみでした。当たり前。
水族館に一人で行った時はそれほどでもなかったのですが。
とかいいながらタンチョウが可愛くて1時間くらいずっとタンチョウを見つめていました。
網越しなので写真は撮っていません。姫子ちゃんだけ。

でも女で良かった!!
女だとひとりで延々タンチョウ見てても怪しまれない!!

まさかタンチョウでそんなに時間を使うとは思わず、
本当は書写山へも行く予定でしたが帰りました。

帰り、明石大橋を見て感動し、次こそは桜満開の姫路城と書写山、欲張って帰りは明石大橋に寄る計画を立てました。

また来年!





[PR]
# by tukihisa | 2017-04-02 13:23 | 写真

静謐

e0162536_20370085.jpg
京都では創業100年はひよっこ扱い。
だからわざわざそれを売りにしない。

100年って凄い。

関西に来てから落ち込んでも立ち直るのが早くなった。
人の目を気にして好きな服とか、やりたいことを我慢することも少なくなった。

だってさ100年経ったら私も含めて
今生きてるほとんどの人がいなくなっているんだもん。

ちっぽけな存在だよね。
大きな時間の流れを間近で見ていると、いつまで苦々しい気持ちを抱えているのかとか、誰の目を気にしているんだろうとか
バカバカしく思えてくる。

私もあなたもすぐにいなくなる。
だから今は少しくらい好きに、気軽に生きていいんだよ。





[PR]
# by tukihisa | 2017-03-25 20:51 | 写真

奈良の大仏

e0162536_20574380.jpg
日曜日は奈良の大仏見に行ったー!
これで二度目ー!
関西に来て1番に行ったのが三輪山登山で、
その足で奈良の大仏を拝みに行ったのが最初かな。

e0162536_21000180.jpg
こうして並べるとデカさが分かるかなと思ったけど。
ちなみに隣の金色もデカイ。

e0162536_21014942.jpg
春日大社も行きましたよん。
前回の時は本殿拝殿共に工事中でアレだったけど今回は綺麗になってました!
ちなみに500円支払うと特別拝観で御蓋山に直接お参りが出来ます。
先日下鴨神社でも500円で拝殿の裏に回らせてもらったけど安すぎてありがたい!!
倍の1000円でも十分に払う価値があるくらいなのでおすすめ。

そう!
春日大社といえば拝殿の奥にある御蓋山なんですねえ。
ここに白い鹿にのった鹿島の武甕槌命様が降りられたという伝説があり、入山は古くから禁止されている神聖な場所です。
奈良といえば鹿ですもんねー。

e0162536_21123206.jpg
きゃわわー。
ちょうど毛の生え変わる時期なのか、ガンガンに抜けてる鹿もいた。
鹿せんべいも買ってあげてみましたよー!
彼らは本能に忠実なので、午前中は腹が減っているのか食いつきが凄いですが、
夕方頃になると散々せんべいをもらったのか、見向きもせずスヤスヤと眠りに入っておられます。

二度目でもやっぱり街中に鹿が溢れてると凄いなと思ってしまいます。
道路にはもちろん鹿飛びだし注意の看板がチラホラあるけど、柵もないのに鹿のすぐ横を大型の観光バスが通過するとドキドキしちゃいますね。
ま、生まれたときからこんな環境なので鹿側も肝が据わってそうですが。

e0162536_21220489.jpg
忘れてはならないのが百人一首です。
春日大社の敷地内にありますが、好きな歌のひとつです。

「あまのはら」と詠まれたら「みかさ」のみの字を探したものです。

百人一首の石碑収集旅行とかもしてみたいですね。




[PR]
# by tukihisa | 2017-03-20 21:25 | 写真

海っていいなー

e0162536_07532863.jpg
癒される(*^-^*)

今月で関西にきて三年目に突入します。
やだーはやいー!

行く前はちょっとホームシックになるのかもと思っていましたが、
まったくなりません。
寂しいと思ったこともありません。
それを東京の友達に話したら心が冷たい人認定をされました。笑
なんでー!

だいぶ慣れましたが、いろいろ気をつけることもあります。
たとえば関西人には馬鹿とは言っちゃいけません。
話の中ですごくおバカなことをしたとして、東京だと笑ってバカだねえなんて言いますが、
関西ではバカというのはとても悪い言葉だと教えられました。
言われたらカチンとくるそうです。
そういうときはアホを使うんですね。
逆に東京だとアホって使う頻度が少なくて、バカより見下してる感があるので使い慣れません。実際にまだ使ったことがないし。

とにかく東と西とではバカとアホが逆なのです。
大阪の友達と話してお互いに知ったことなので驚きましたが、言葉には気をつけようと思いました。
ほかにもこちらが当たり前に思っていても、不快な行為があるのかなと心配になりました。
文化の違いは大変ですな(・∀・)


[PR]
# by tukihisa | 2017-03-11 08:08 | 写真

プリキュアと声とエンタメ

e0162536_12385001.jpg
最新作のプリキュアにまいんちゃんこと福原さんが出てるとのことで見ています。
主役は美山さんなんだねえ。
草なぎくんのドラマの時は可愛かったな(*^-^*)

ネットやら周りの反応やらを見ていると、一定数は元子役起用に複雑な感情を抱いているようですね。
そもそも声優って職業があるのだからその人たちを起用して欲しいとか、
畑違いなのだから声優の仕事を奪わないで欲しいみたいな意見もあるようで大変ですね。

たしかにジブリでも俳優さんが棒読みとかで「え?」みたいに思った時期もありましたが、最近はそれも有りかなと思っています。
声の機微が声優とはちょっと違って面白い。

そもそもエンタメ業界に線引きは出来ないですよね。
他の業界の人が声優の仕事を奪っているといっても、声優自身も今じゃ声の仕事に留まってないわけで。
歌手でもないのにCDを出して、さらにはアニメやゲームのタイアップまで取っちゃってアニソン歌手業界が大変だという記事を読みました。
あとはグラビアアイドルでもないのに雑誌の表紙にもなったり、舞台や映像にも出演されている。

他の業界の人から声優なんだから声の仕事だけしていろって言われても横暴だとしか思えない現状である以上、声優さんの仕事も同じようになってしまうのは仕方がない話ですね。

そもそも今はお笑い芸人が映画監督やったり、小説や脚本書いたり、アイドルやアーティストが演技をしていたりでひっちゃかめっちゃかになってる。
声優さんの中にも子役出身は多いし、もはや垣根なんてないと思います。

岡田くんなんてジャニーズなのに俳優をしていてひらパー兄さんまでやってる。笑
関西に来てから好感度爆上げです。笑
毎回ポスターが楽しみでしょうがない。

[PR]
# by tukihisa | 2017-03-05 13:08 | 萌え語り

ああ気になる

e0162536_22133909.jpg
おととしの冬に聞いた曲が頭から離れない。

CSでアリアナ・グランデのSIDE TO SIDEを聞いたら物凄くそっくりだったんだけど
細部が違うんだよなあ。
声も違う。
でも凄く似てる。

ちょこちょこ調べてるんだけどいきあたらない。

ああ気になる。

[PR]
# by tukihisa | 2017-03-03 22:22 | 萌え語り